新しい家は注文住宅!

介護を必要とする高齢者の食事

介護を必要とする高齢者の食事

高齢になると運動量が低下して食欲不振になったり、噛むことが大変で食事量が減り、低栄養になりやすいです。介護をする人は食事のどんなことに気をつければいいのでしょうか。
今すぐコチラ→省エネ住宅 宮崎をクリック!

 

食事は栄養バランスがよくなるように、できるだけ多品種をそろえましょう。
1日30品目食べましょうといわれていたことがありますが、30品目もそろえる必要はありません。魚、肉、卵、野菜、海藻などいろいろなものをそろえ、できるだけ毎日違うものを食べられるようにしましょう。
参考にしたのは宮崎 ZEH住宅です。

 

タンパク質が不足すると筋力が低下して歩行ができなくなったり、免疫力が低下します。毎食必ずタンパク質を多く含む食事を作りましょう。
いろんな宮崎 省エネ住宅見てみたい。
タンパク質が多い食品は、肉、魚、卵、大豆などです。介護が必要な人は消化力が弱いことが少なくありません。しっかり消化できなければ吸収もできず、体内で利用できません。
家のこと、もっと知るにはZEH住宅 宮崎をご覧ください。
消化によい豆腐や納豆、脂の少ない鶏肉や魚を利用するとよいでしょう。

 

食事は毎日のことなので、健康のことを考えバランスのよい食事を作りましょう。
もっと知りたい方は宮崎 スマートハウス←こちら。


ホーム RSS購読 サイトマップ